領収書をもらう癖をつけて起業をする

起業を始める事を考えている方は、領収書をもらう癖をつけましょう。
最初は個人事業主とし仕事をして行く事になる場合が多いです。
個人事業主になると自分で確定申告をしなくてはなりません。
その際に使った経費の証明になるのが領収書になります。
領収書がなくてもかかった経費をなにかに書いてメモなどをしておけば良いのではないかと考えてしまう方もいますが、それでは不十分だと言えます。
個人事業主、そしてまだあまり稼ぎが無い状態であれば領収書の確認をされてしまう事はありませんが、場合によっては使った経費を証明できる物を提出してほしいと言われてしまう場合もあります。
この際に証明をする事ができる物が無いと、不正をしていたのではないかと疑われてしまう事になります。
自分が不正をしていないのに疑われてしまうと気分が悪いですし、証明をする事ができる物が無いと、再度確定申告の書類を書き直さなくてはならない場合もあります。領収書を受け取り保管をする癖をつけましょう。

PR|事業計画書の作成代行費用はどのくらい|