安易に減給しないことが中小企業経営では肝要

PR|WEBマーケティングなら社長ブログ三宮で脚やせで人気のエステサロン京都のエステでダイエット

社員が大きな失敗をしてしまったり風評被害の対策を失敗して経営難に悩まされている中小企業は、減給せざるを得ないという考えに至ることは珍しくはありません。失敗した社員を戒めるためだったり、中小企業の活動を存続させるために必要不可欠な判断であると言えます。その一方、安易に減給してしまうと種々の問題が発生してしまい中小企業の存続が危ぶまれてしまうことになる可能性があります。

各社員のモチベーションが著しく低くなりかねないので、熟考することなく減給することは望ましくありません。それまで毎月支払われていた報酬が減ってしまえば、社員によっては額面相応の仕事だけをしようとする意識が芽生えてしまいます。その結果、意図的に仕事の質を低下させたり利益につながることに消極的になったりすることが考えられます。社員としてあるまじき行為であることは確かですが、その原因は減給であることに他なりません。ですから、安易に減給することは避けたほうが無難であると言えます。

PR|英語上達の秘訣住宅リフォーム総合情報生命保険の選び方クレジットカードの即日発行じゃけん|女性向けエステ.com|美容と健康女性ランキング|マッサージのリアル口コミ.com|健康マニアによる無病ライフ|AGAでお悩み解決|